茶来未の製茶工場は、茶師佐々木のこだわりが満載 すべては本当に美味しいお茶をつくるため

大量生産のためのライン化は一切していません。そこには従来の製茶の概念を覆す、茶師佐々木考案の(十二微細分類製茶法 ※商標登録)を駆使するために、考え抜かれたコンセプトがあります。衛生管理を徹底し、ガス配管・電気配線は全て床から放してあり、機械や隙間に茶ほこりが溜まるのを防いでいます。機械を独立式にし、機械の能力を最大限に引き出し、お茶の部位を徹底的に分けるため、時には同じ作業を同じ機械で何度も何度も繰り返します。そうすることで、お茶の雑味を感じさせる部位を完全に取り除きます。このようにして12微細に分けられた部位を、一窯一窯丁寧に火入れ焙煎をしていきます。

静岡式総合機

荒茶と呼ばれるお茶の原料
(農家さんが育てた葉を蒸して乾燥させたもの)を最初に仕分ける機械です。
上段で平行篩・下段で廻し篩をし、頭・尺・身・芯・芽・粉の大きく6種に分類します。

色彩選別機

静岡式総合機で仕分けした茶葉に混ざっている茎を取り出す機械です。
高速で流れる茶葉を電子の目で1個ずつ検査し、色を瞬時に判断。
その色から空気圧で、お茶とそれ以外の白棒・黄葉・青茎等に選別します。

熱風対流棚式乾燥機

香気を出したい場合に使う焙煎乾燥機です。
中にある6段の棚式コンベアに乗ったお茶が移動する間に熱風が流れ、じっくり乾燥させます。
茶来未の乾燥機は茶師佐々木が理想の火入れをするためにカスタマイズされており、
火入れの途中でも手元で焙煎温度や排出スピード、
排気量を瞬時に変えられるように電気制御盤を組み込んでいます。

横山式ドラム火入れ機

茶師佐々木が一番得意とする火入れ焙煎をする機械です。
荒茶の渋み成分を旨みに変えたり、爽やかな香りを引き出したり、火を自在に操ります。
火入れの極意が集約されるように特注設計になっています。予備乾燥で15分、火入れ焙煎で15分と2段階火入れが一台の機械でできます。焙煎中は香気の変わり方で、温度を上げたり、
排気を強めたり、ドラムの回転速度変えたり、室温・余熱で毎ロット設定が変わります。
調理人としての感性が集約された焙煎技術は、しばしば“魔法のよう”だと評されます。

風力選別機(唐箕)

お茶を少量ずつ流し、風を当てて、軽いお茶を飛ばす機械です。
総合機で選別したお茶を唐箕にかけ、本茶と粉茶に選別します。
重いお茶はそのまま下に落ちるので、風に飛ぶような軽いお茶を抜き取ることができます。
軽いお茶は、お茶に雑味をもたらす為使用しません。
この工程で、本茶から唐箕粉・銀葉・毛葉粉を選別します。

電気棒取機

静電気による分類機械です。
茶の茎・毛葉と呼ばれる部分は静電気に反応することから、
機械に電気を発生させて本茶と良質の幼茎を選別します。

冷却機


焙煎した茶葉の荒熱をとる機会です。間接的に風を当て、100℃の茶葉を数分で常温に冷やします。
余熱で質を変化させることなく火入れ熱を取り除き、
焙煎したての風味を損なわないためのこだわりの冷却機です。

合組機

お茶の部位ごとに火入れした茶葉を均一に混ぜる機械です。
大きなタンクが回転し合組を行います。
一度に300kgの合組を行うことができます。

トルネードカッター

静岡式総合機で分別した、頭・親と呼ばれる大きな部位や、
本茶のサイズを揃えるために使用する機械です。
お茶の大きさが不揃いだと火入れ焙煎した時に火の入り方が異なるため、
均一な焙煎ができません。
刃の大きさにも適性があり、4種の刃を部位により使い分けます。
ここにも茶師佐々木のこだわりがあります。

真空窒素ガス包装機


合組されたお茶は、空気に触れていると劣化してしまいます。
これは、空気を吸い取り真空状態にし、窒素を充填する機械です。
この後、鮮度を保つために-20℃以下の大型冷凍庫で保存します。
徹底した品質管理は最終工程でも抜かることはありません。

十二微細分類製茶法について